ちょこっとダイビング!

ダイビングの趣味のブログです。 愉快な仲間とのダイビング記録を中心に、仕事のグチなども織り交ぜてダラダラとやっていきたいと思います。 「南国の午後」みたいな感じで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
JUN一家ががおnewのチタンレギを買ったらしい。

ブリジストンの最高峰レギで、僕も量販店で触ったことがあります。

その感想はというと、、、
第一に軽い!!持った瞬間ビックリしました(@ @)
それまで使っていたレギはmaresのabyssという機種で、とにかく1stが重い。。。
それに比べると「ほんとに大丈夫?」って思ってしまうくらい軽いんです。
(もちろん大丈夫なんですが(笑))

それに加え2ndと中圧ホースを繋ぐ部分に「スイベル」という細工があり、このスイベルが360度グリングリン廻るので、水中では「引っ張られ感」が全くなく、重さ以上に軽く感じるレギなのです。

正直、その感動が覚めやらぬうちに、すでにblogでもご紹介のとおり
嫁さんに内緒でmaresのruby titaniumを購入してしまったのですが、
このレギは正直「軽さ」はあまり感じません。
確かに2ndは軽いのですが、やはり1stはズッシリ来ます。。。

「もうレギは買いません」は撤回できないですが、

ん~。。。(いつか)欲しいカモ(笑)
スポンサーサイト
今回の7日間の沖縄ツアーも折り返しとなる4日目。

今日は、大阪組のJUN&おかぴぃ、OW取得の178君&M下君の最終日。
みんな大体昼から昼過ぎ位のフライトだったので、午前中はのんびりムード。

・・・なんて思っていたのは僕たちだけで、意外にみんな精力的に動きましたね(笑)
ダイビングって疲れるせいか、夜グッスリ眠れます。おかげで目覚めはバッチリ!

JUN&おかぴぃ組は、朝8時前にはレンタカーで出発。
国際通りでお土産買って、昨年12月にオープンしたばかりの「DFS」でお買い物へ。

178君&M下君は、渋滞等を懸念し朝イチでレンタカーを返却。ゆいレールで国際通り方面へ。
178君はお土産注文の「石垣島ラー油」を探し求めていたらしいが、見つからなかった様子。
(なんでも最近テレビで話題になったらしく、すでに「石垣島ラー油」や「石垣島の唐辛子入りラー油」といった亜種が多数発生している様子(笑))

僕と嫁はのんびり「田原館」1階のコインランドリーでお洗濯(笑)

その後みんなで合流し、「A&W」で朝ご飯。英語で言うとブレックファースト。
この「A&W」も僕的には結構おすすめ。(ただし「ルートビア」なる謎の飲み物を除く)
沖縄本島では(石垣島とかどうだったっけな?)国道沿いとかでちらほら見かけるのですが、
内地ではまったく見かけません。類似品としてアイスクリーム屋さんの「BLUE SEAL」なんか
もそんな感じ。
きっと日本人ナイズされている味なのでしょうが、それでも気分はアメリカン(笑)
ボリュームもあり、早朝から活動した後にはちょうどイイ感じ。

朝ごはん後には、みんなでジャスコへお買い物へ。
ジャスコって品揃えも豊富だし、特産品コーナーなんかもあるし、何より値段が安くお得。
以前来た時も、全く同じ商品が空港でジャスコより高く売られていることがよくありました。
キャッシュコーナーもジャスコだったら大抵ありますし、なにかと便利です。
(※嫁いわく「ありがとう、(民主党の)岡田さん」なんて言うところがオヤジ臭いらしいです(笑))

みんなお土産も買い終わったので、とりあえず「スカイパーキング」前で記念撮影。
FILE0008.jpg
あ~またみんなで沖縄来られるといいね~・・・。

みんなと別れた後、僕たちは一路ダイビングに出発!
今日はもう1本だけでもいいねくらいのゆっくりまったりムード。。。こういう自分のペースで潜れるのもセルフダイビングの楽しみのひとつだよね。

しかしながら、今日はGWの休日。砂辺も真栄田も混んでそう。。。
そこで、以前一度チャット仲間で現在はオーストラリア在住のペダ君のガイドで潜ったことがある
「水釜」に行くことに決定。ポイントに着くと、見事に誰もいない。。。確かに砂辺・真栄田に比べればマイナーなポイントであるのは確かですが、恐らく年間ベストテンに入るであろう程混雑しているこの時期に、ここまで誰も居ないっていうのも、ある意味凄い。

でも、混雑しているのも嫌だけど、誰も居ないってのは、逆になんか不安・・・
僕が90本近く、嫁も80本近く潜っているとはいえ、まだまだスキルは未熟者。何より「誰も入っていない海」っていうのは、「今入れる(=安全な)状況なのか」すらはっきりとはわからない・・・。

ま、海を見たときはそれほど荒れているわけではないし、最悪すぐに引き帰してこようね、と話し合い潜水準備にとりかかりました。

そんなネガティブな気持ちを見透かしたように、いままで晴れていた空がどんよりと曇りだし、
心なしか風もすこし出てきたような・・・。ENした時には、結構バシャバシャと・・・。
この時点で僕の中では8割方メインとなる漁礁にいくことを断念。満潮近くだったためか透明度は良いものの漁礁まではとてもたどり着かず、リーフ棚の際まで行くのが精一杯。。。

水中スレートで話し合い、30分も経たない内にEXを決断。
久しぶりの不安な不安なダイビングは終了しました。

たいした時間潜ってないのに、精神的に疲労困憊・・・。水中ではあまりの魚の少なさに、もう1本砂辺か真栄田なんて行く?なんて話していたけど、とてもそんな感じではありません。珍しく僕から2本目キャンセルを申し出て、その日はダイビング終了となりました。本当にこのポイントは漁礁までいかないと、魚がほとんどいません(T T)
ヤガラ数本と、あと何見たっけ・・・って感じ。
やっぱ今度はちゃんとペダ君にガイドしてもらわなきゃ!(笑)

今日は、ダイビングって楽しいけどその「ちょっと先」は怖いのね、と感じたほろ苦なダイビングでした。。。

4本借りたタンクのうち使った2本を交換し明日に備え、腹ごしらえをしに「キングタコス(通称「キンタコ」)」に向かいました。どうやら那覇近くにも別の支店があるらしいのですが、この日はいつもどおり330号線沿いにあるいつものキンタコ(長田店)へ。

2人とも朝ごはん以来の食事なので、すでにかーなりペコリッチ。
久々のキンタコで「チーズ野菜タコ(600円)」を注文。毎度ながらすごいボリュームやね。。。
いつもどおりに食べ始めるも、すぐに満腹感が・・・
ん~、おかしい。。。精神的にダメージが残ってたのかなぁ。。。
結局半分以上残して、お持ち帰り用パックで持ち帰る。。。ん~・・・無念。。。

キンタコからの帰り道、GW恒例という沖縄のお祭り「那覇ハーリー」を見物。
FILE0009.jpg
けっこうな人出でにぎわっていましたが、やはりそこは沖縄、内地のお祭りとは一味違う感じ。
僕なりに感じたのは、、
○ 出店がクジ系が多い(同じような出店が4・5件連なっています)
○ クジ系の出店の上位商品に、必ずと言っていいほど「エアガン」
○ 綿アメ、ジャガバターを始め、出店で売っている食べ物がキングサイズ!(笑)


帰ってきた後もテレビつけるとこのお祭りの中継をやっていたりして、那覇の一大イベントなんだなと思ったりしました。

お祭りの夜の花火はパスして再びジャスコによって、夜食&明日の朝食の買出し。
ん~、腹一杯だといくらも買えんね。。。パン、飲むヨーグルト、その他細々したもの
を買って帰還。久々に食べた「チーズビット」に感激しつつ、ログ付け。

明日もセルフなので、朝早く行って午前中に2本潜る感じにしようと決め(僕だけ)早めの就寝。
嫁はテレビ見ながら(僕の)携帯ゲームに熱中していた様子。

途中寝ぼけて起きた僕は、嫁に超マジ顔で一言

「早く空港行かなきゃ!!」

僕はどんな夢を見てたんでしょう???(笑)
今日は朝から慶良間ボートの日。
お願いしたのは常連(と言っていいのかな?)の「I&Summer Snow」さん。
昨年6月に、JUNはこの店のユウコさんのガイドで「ケラマンタ(=慶良間で偶然マンタに遭うこと)」したらしい。
ん~、期待期待。。。

しかも、今日は昨日までこのお店でOWの講習をしていた178君も混じっての遠征。
178君は初ファンダイブが慶良間なんて、なかなかの幸せ者だよね(笑)
その他の参加者はJUN&おかぴぃに僕と嫁の総勢5人。M下君はボディボーかついで波乗りに。

さすがはGW、朝のピックアップは7:45に「TSUTAYA」駐車場と、いつもより30分近く早めです。
みんなの器材(といってもマイ器材はJUN、僕、嫁の3セット)をレンタカーで下ろしてから、お迎えのユウコさんの運転で出発。
那覇マリーナから「ArrowⅡ」に乗り換え、いざ慶良間へ!
そういえばこの船は前に乗ったことがあり、船内の勝手もわかっていていい感じ。
5人で2階席に上がりウダウダ・・・

昨日から沖縄はなんと「梅雨入り」していて、空はドンヨリしつつ、たま~に日が射す程度。
ん~、太陽よ、もっと来い!!
ただし、風はそれほど強くなく、波も外洋が2M位でメチャ悪ではない。(良くもないケド・・・)
ん~、太陽よ、もっと来い!!

結局それほど太陽は来る事もなく45分ほどでポイントに到着

1本目は「アリガーケーブル」
しかしまあ、船の数の多いこと。さすがGWです。

ココは以前JUNとも潜ったことがあるポイントですが、砂地のキレイな所。
ショップ判断により僕たち5人は「JUN、僕、嫁」がユウコさんのガイド、
「178君、おかぴぃ」はドラちゃんガイドとのチーム割に決定。
その時は気づかなかったけど、JUNはすかさず、「船の下でもいいから5人で会えるようにしてください」とリクエストしていたらしい。
ん~、こういうところがJUNのいい所。惚れ直しました(はぁと)

で、ENすると、ん~、悪くない。。。ってか、いいねぇ、、、こういうまったりダイビング。。。
FILE0007.jpg

見た魚は、ガーデンイール、スカシテンジクダイ、ウミウシ各種
ちょっとダイバーらしく、水温なんかも書いておくか(笑)・・・22度。

EX直前にサマスノのドラちゃん率いる178君&おかぴぃ組に無事遭遇。
178君ってば、講習直後なのに結構余裕ぶちかましてたので、記念撮影。
FILE0005.jpg

EX後、ポイントを変えてから休憩。2本目は「トーマ№2」とのこと。

そしたら、船がアンカーを下ろした隣の船がなんと「プ○フリ」
この店も以前JUNと沖縄に使ったことがあるお店であまり(というか全然)いい思い出がありません。
その「いい思い出がない」メインファクターであるガイドも見えて、なんかヤな感じ・・・。
ま、もう2度と使わないの確定なんで関係ないですけど。

気を取り直して2本目にEN。
ココも砂地あり珊瑚ありで沖縄らしいポイント。
珊瑚にちょっと元気がなかったのが残念。って産後だから?スミマセン。。)
ココではカクレクマノミ、ハナビラクマノミ、大きめミノカサゴなんかにあえました。
ってそうそうタコ君が岩陰にいたんだけど、あれってタマゴを守ってたりしてたのかな?
チョンとつついてみたりすると、色が「シュワ~ンッ!」と変わって面白かった。
あと、ミノカサゴってどこにでもいて大して珍しくもないんですが、けっこう条件反射的に写真撮っちゃう(笑)

この後、本当は3本目も入る予定だったのですが、お昼休み中にJUNとミーティング・・・。

JUN「ツギ、ドリフトジャナイラシイヨ」
僕「ドコハイルンダロウ?」
JUN「“タマルル”ラシイヨ」
僕「ンー…“タマルル”カァ・・・」
JUN「テンキモヨクナイシ、サムイシ、キャンセルスルカァ・・・」


いや、「タマルル」悪くないですよ。ホント。砂地もあって珊瑚も見れるし。
でも、ちょっと3本目にしてはパンチが・・・だって、体験でも入るような感じのとこだしねぇ・・・

ってなことで、結局5人全員がキャンセル(ユウコさん、ゴメンチャイ!)ということで、お昼寝タイム。
キャビンに入り熟睡。。。zzz...
みんながEXするころには、結構雨が強く降って来たこともあり、結果的には正解だったかも。
(178君はちょっと物足りなさそうだったけど、今度はギラギラの太陽の下で3本ガッチリ行こう!!(笑))
慶良間からの帰りの船でも熟睡に熟睡を重ねた僕は、港に帰ってきてからはパワー全開!!
ログ付け後宿に戻る途中で、本日の夕食ドコロとして、焼肉屋「GEN」を予約。
今日は僕たち以外はダイビング最終日だし、3本目を潜らなかったお金も浮いてるしで打ち上げ~!!(笑)
ちょっと慌しかったけど、19:00にはお店到着。

いや~、美味いねぇ・・・。沖縄特産の「あぐー豚」は、適度に油が載り、味がシッカリしていて最高・・・

オリオン生を空け、泡盛を頼んだ時にプチ事件発生。

泡盛の出てきたグラスの淵が欠けていて、唇が「アイタタタッ!」
血は出なかったけど、イタカッタです(x x)
店員さんがすぐに取り替えてくれましたが、持って来てくれた泡盛は僕が飲んでいたロックではなく、水割り・・・
店員「私が作ったのでちょっと濃いかもしれませんが・・・」って僕はロック飲んでたんだよぉ!(←心の叫び)
ま、お会計のとき微妙な割引と、おみやげの泡盛くれたから、まあヨシとしましょう(笑)

その後、まだ時間が早いこともあってみんなで国際通りを冷やかして歩こうと思ったのですが、
飲みすぎで結局ダウン。。。僕が行こう行こうなんて誘ったのにゴメンチャイ!
タクシーで帰還後、恐らく5分以内に就寝(記憶あんまりなし)
その後178君と嫁が話しているのを夢うつつに聞いたような聞かないような。。。
確か、部屋で飲み直すからって泡盛取りに来たんだっけなぁ・・・全然思い出せない(苦笑)

僕たちは食事前にタンク屋に行って明日のセルフのタンクを調達する予定だったのですが、結局出来ずじまい。
タンク屋さん開くの9:00だし、明日はみんなを見送ってから、午後1ダイブだねぇ~・・・
今日はGW谷間のウィークデイ。
5:30に起床して、ダイビングの準備をしてから、僕はひとりでレンタカーをピックアップしに「スカイパーキング」へ。

過去のブログでもご紹介のとおり、このお店は知っている限り最強です。
1泊2名でレンタカーがついて9,000円。東京では考えられません。

レンタカーを借りて器材やタンクを積み、いざダイビングへ出発。
目的地は砂辺・真栄田として、とりあえず58号線を北上。

まず砂辺を見て、状況がよくなかったらすぐ真栄田に行くことにしたのですが、
砂辺に着いたら、前日とほとんど変わらずバシャバシャ・・・。多少前日よりは
よさそうなものの、自信を持って入れる海況ではとてもありません。

嫁と話し合った結果、とりあえず真栄田に移動。

そのまま58号線を北上し、7:45には真栄田岬駐車場に到着。
展望台から海を見ると、やはり前日同様ベッタベタです。

体力に自信のない嫁を気遣い、ゆっくりめに潜水準備。
その途中、昨日お世話になった「kanaloa」で今日お世話になるJUNに電話連絡。
「砂辺はバシャバシャ~。真栄田はベッタベタ~。」ということで、
JUN&おかぴぃも真栄田に決定の様子。とりあえずタンクで隣を
場所取りしておきます~(笑)

時間が時間のせいか、まだ海に入っている人はまばら。まだ駐車場も空いてたしね。
8:45にENして、夫婦3本目のセルフダイビング開始。

レア物なんて全然見つけられなかったけど、約30分の水中散歩は快適そのもの。
日ごろの「きーっ!」ってなるような出来事も忘れ、リラックスダイブを満喫しました(^^)

1本目の途中でふと穴に目をやると「ん?何かいる??」
映画「プレデター」に出てくる怪物を見つけた気分。
もう一度目を凝らしてよ~く探して見ると、エビがいました。体が透き通ってて大きさは、親指の第一関節くらい。
僕は海の生き物とかはあまり興味がなく、どちらかというと地形とか一面の砂浜とかが好きなのですが、水中で生き物を見つける楽しみがちょこっとだけわかった気がしました。
※このエビくんは後日「シーガーデン」の芝さんにより「オシャレカクレエビ」と判明しました。

FILE0003.jpg

1本目を終了して車に戻ると、JUN&おかぴぃも到着。
展望台近くのショップの車には、178君&M下君も発見。
みんなバラバラで潜ってたのに、真栄田岬で合流でした(笑)

2本目までは少し長めの休憩を取って、昨日のような大混雑を避けるべくタイミングを見計らいEN。
2本目のコース取りと見た魚はあまり覚えてませんが、1本目とほとんど同じコースだったはず。
体験ダイバーの餌付けに群がるツバメウオやオヤビッチャを眺めつつ、中層でボケーっとする
ヒーリングダイブでしたが、EX直前にENしてきたJUN&Yaaさんに遭遇。
あれ?JUNのBCが違う~&おかぴぃがいな~い、とか思いつつ記念撮影。
こういうちょっとした偶然がまた楽しいんだよねぇ(^^)

EXしてから、おかぴぃは1本目で耳が抜けず、体調も思わしくないために2本目をキャンセルしたとのこと。聞けばおかぴぃはしばらくブランクがあって、久々のダイビングとのこと。
そうそう。調子がよくないときはキャンセルする勇気も大事だよね。

JUN&YaaさんがEXしてから、みんなでご飯を食べに北谷にあるステーキハウス「金松」に移動。
昼からガッチリとステーキを頂きましたが、ここもおいしいお店でした。
ジャッキーよりちょっと安めでコストパフォーマンスも悪くありません。

今日は本部ステイのてっちゃん&なおなおが合流してのBBQの日。
僕と嫁はそのまま北谷のジャスコで買出しして、JUN&おかぴぃはログ付け&レンタカーピックアップのため一度那覇へ。
15:00過ぎに講習の終了した178君&M下君と合流し、BBQ準備。
定刻17:30前にはてっちゃん&なおなおも到着。JUN&おかぴぃはちょっと遅れて18:30頃合流。

それから21:00まで楽しい楽しいBBQを満喫しました。
FILE0004.jpg


思い起こせば2002年9月に、はじめて沖縄OFFをしたのがこの北谷サンセットビーチでした。
その年の4月にMSNチャットで「ダイビング初心者の部屋」をJUNが開設し、なおなお、僕、てっちゃんの順で常連に。
同じ年の8月に東京で初OFFを開催し、その翌月には沖縄でダイビングOFFという、一昔前では
信じられないような出会いがあった、思い出の地です。

「ダイビング」という共通項で出会った仲間。そしてその仲間がまた少しずつ広がっていく。
ほんの少し前までは繋がるはずもなかった「他人」同士だったのに、もう今となってはかけがえのない「仲間」になっている。
ダイビングのこと、MSNチャットのこと、次はみんなでどこ行こうか~なんて取り留めのない話をしながら、沖縄ならではのゆったりとした時間が流れます。。。

気の合う仲間で潜り、飲んで食って、話す。すごく充実した贅沢な時間。。。
まさにプライスレス(笑)

あ~・・・これがあるからやめられないんだよねぇ~・・・
5/1-7という信じられないほど長いダイビング旅行から帰ってきてしまいました(鬱)

今回は日程が長かったこともあり、少々緩めのスケジュールでしたが到着日も含め6日間、トータル11本潜ってまいりました。

内訳はボート4本、ビーチ7本(うちバディダイビング5本)です。
潜った場所は、真栄田岬6本、慶良間2本、本部2本、水釜1本。

気の合うメンバーとのいつもどおり現地集合現地解散の旅行で、それはそれは楽しい1週間で、思いっきり癒されてきました。

まずはメンバーのご紹介

JUN
言わずと知れた我が「じゃんがら」の総帥。去年パパになりました。

おかぴぃ
JUNの会社の後輩。2000年にOW取得し、バリ・セブなんかでの潜水経験あり。

178くん
僕のよく行く飲み屋の常連さん。今回のツアーでOW取得。目下奥さんをダイバーに引き込もうと画策するも、軽くいなされている模様。早くもダイビングにハマる予感大(笑)

M下くん
178くんの高校の同級生。ボディーボードをやるために来たらしいが、ツアー開始3日前にOW取得を決断。晴れてダイバーに仲間入り。

てっちゃん&なおなお
今回は本部ステイのため、BBQのみの参加。二人そろって相当の海バカ中毒。去年の「海の日」に結婚式を挙げて、新婚旅行は沖縄に「ダイビング合宿」ちなみにてっちゃんと僕は「ほぼ」同一体型です(笑)

では、以下「南国の午後」のようなダラダラとした感じでご紹介を。
FILE0001.jpg

JAL1903便にて那覇空港到着。GW真っ只中で当然のごとく飛行機はほぼ満席。
羽田でのチェックイン時刻がギリギリだったため、横並びの席がなく、縦に並んで
夫婦それぞれ勝手気ままな時間を過ごして到着。

空港には今回始めてお世話になる「kanaloa」のyaaさんがお出迎え。
合流した後早速海へ。(ダイビングショップと言えばハイエースが定番ですが、
このショップの車はエスティマで乗り心地が良く、なんか得した気分(笑))

事前にお聞きしていたとおり、今日は砂辺と真栄田岬の2ダイブの予定でしたが、
砂辺に着くと、海はバシャバシャ・・・ちょうど満潮時刻に近かったこともあり
EN場所はテトラポッドに波が激しく砕け、とても入れる雰囲気ではありません。

とりあえず砂辺は断念し、次の目的地真栄田岬へ。
その車中、僕たち夫婦がCカードを認定してくれたイントラさんを
知っていることが判明。いや~世間は狭いですねぇ(笑)

真栄田岬は砂辺とはうって変わって、鏡のようなベタベタな海。
しかーし!この日は真栄田岬以外ではほとんど潜れなかったようで、
信じられないような大混雑で、人・人・人・・・
駐車場も車が止められるようなスペースはまったくなく、仕方なしに駐車場から
ちょっと離れた農道に車を止めました。

FILE0000.jpg

真栄田岬と言えば名物の階段ですが、今回は本当に人がすごく多かった。。。
(僕たちが入った時はここまでではありませんでしたが、この列に並んだ人は
ENまで30分以上かかったらしいです・・・)

1本目は少し深場(32M)まで行き、ヒレナガネジリンボウをウォッチング。
2本目は以前断念した洞窟へ。
その他にも、コブシメや定番のツバメウオやハタンポ、アカマツカサなんかが
いました。

思い起こせばこの真栄田岬では、以前大阪組のJUNとセルフでENして、エライ目に遭ったところ。なんせ二人とも1回もガイドを付けたことがない場所にもかかわらず、ブリーフィングは「生きて帰ってくること。以上!」なんて軽いノリでEN。洞窟までなんとか行き着いたものの、帰りの地形がわからず、あさっての方向でEXしそうになった思い出の場所です(笑)
まさに「無謀」の一言ですな。(ハラハラドキドキで楽しかったですが)

FILE0002.jpg

砂辺はバシャバシャでしたが無事真栄田岬でのダイビングを終えて帰る途中、
今日最大の大物「ラブ(ミニチュアダックス・オス)」とご対面。
1歳でまだまだヤンチャ盛りでしたが、すごく人が好きなワンコで、思わず
連れて帰りたくなっちゃいました(笑)
Yaaさんもラブ君もまた会いに行くからね~!!

ダイビング終了後、前日に沖縄入りしていた178君とM下君、それに大阪から那覇入りしたJUNとおかぴぃに合流し、「ジャッキーステーキハウス」へ。ニューヨークステーキLサイズ(1,400円)を堪能した後、居酒屋で2次会。178君&M下君は翌日から実習なので、「前日飲み過ぎると耳が抜けなくなるよ~」なんて脅しながらも、結局5人で泡盛を1本(笑)

1泊だけついているホテルに戻り就寝。
明日は朝からセルフダイビングなのだぁ~!!

今日のヒトコト:「犬好きに悪い人はいない」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。